エキスパートが使う魚群探知機や流量計|満腹パフォーマンス

海中

最新の特殊機械

クレーン

今、コンベアベルトを利用している工場は数多くあります。流れ作業を効率良く行なえるようになっているコンベアベルトはとても効率の良いシステムになっています。しかし、一度導入をするとずっと同じコンベアベルトを利用している工場は多くあります。
最近では、目まぐるしい発展によってさらに効率良く生産ラインを作ることができるコンベアベルトが登場しています。
コンベアベルトでは、いろいろな分野で使われているシステムになりますが。残土処理などで出てきた土などを適切な場所に運ぶためにコンベアベルトを使っていますが長い距離になると砂がこぼれ落ちることやカーブが長くしっかりと運ぶことができないなどで困っている工場もあります。
そこで急カーブ対応の連続コンベアベルトシステムを導入することでベルトから砂がこぼれ落ちることを防ぎ、長い距離を運ぶことが可能になります。
これらのシステムを導入することで得られるメリットとしていろいろな曲線に対応ができます。このシステムのすごいところは流れている状態をパイプ型やU字型に変形できることです。それによってどんな曲線でもこぼれ落ちることを防げるのです。
また、連続的に運搬が行なえるので、作業の工数を短くできます。高速運搬もできるので工期短縮とコスト削減の効果もあります。
こういった新しいコンベアベルトが開発されており、世の中に便利な物があります。これらをうまく活用して工場内の効率化を計るといいでしょう。