エキスパートが使う魚群探知機や流量計|満腹パフォーマンス

海中

検出する流体を明確にする

作業員

工場で多く使われている流量計は、いろいろな種類があります。計るものによって適切な流量計を選定する必要があるので各種の特徴やメリットなどを知っておくことが大切でしょう。

電磁式流量計では、電磁誘導を利用して流量を計ることができます。この流量計の特徴として液体の温度や圧力、密度、粘度など関係なく流量を計られるのが魅力です。さらに混入物が入っていても流量が計られるので固体や気体を含んでいる液体を計ることもできるのです。
そして電磁式流量計を使うにあたって便利なのがメンテナンスの必要性がないことです。壊れる心配が少ないですし、シンプルな作りになっているのでメンテナンスなどがいりません。
すごく魅力的な電磁式流量計ですが、気体など、電気を通すことができない液体は流量を計ることができないので注意して選定をしましょう。また電磁式流量計を設置する際には、直管が必要になるので配管をする前にどこに設置するのかを計画しておきましょう。

他にもいろいろな流量計がありますが、選定の方法としてポイントがあります。それらのポイントとして検出液体の性質を確認しておくことや測定の目的を明確にしておくこと、選定する製品の使用やコストの確認をすることが大切なポイントになります。
特に検出する性質を把握しておくことは大切です。これによって選定する流量計が違ってきます。流体の種類や粘度、密度、混入物などをよく確認しておきましょう。